総量規制とキャッシング

 

キャッシングのことをいろいろ調べていると、総量規制ということばがよく出てきますね。
「総量規制対象外」ということばもよく見ます。

 

解説

この総量規制というのは、貸金業者が守らなければいけないルールで、消費者金融などの貸金業者は、借り手の年収の3分の1までしか貸付ができないことになっています。それで、「総量規制対象外」というのは、貸金業者以外の金融機関のカードローンのことです。たとえば、銀行や信用金庫、JAバンクなどですね。

 

消費者金融は総量規制の対象なので、既に貸金業者からの借り入れの残高が年収の3分の1に達していれば、貸金業者に新たな申し込みをしても審査に通りません。また、貸金業者は、借入希望者の年収の3分の1までしかかせないため、1社からの借入金が50万円を超える場合や複数者からの借入残高が100万円を超える場合は、源泉徴収票などの収入証明書の提出を求めなければならないことになっています。
専業主婦に貸す場合には、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する住民票などの書類の提出が必要になります。

 

つまり、総量規制対象のキャッシングを利用するときは、借入額に制限が有るだけでなくて、場合によっては提出書類も多くなります。

それで、消費者金融で借りると少し面倒かもしれませんね。それで、審査に心配がなければ総量規制対象外の銀行のカードローンなどがいいかもしれませんよ。