消費者金融と銀行カードローンの違い

 

お金を貸してくれる金融機関はいろいろありますね。その中でも、消費者金融と銀行のカードローンは一番身近かもしれませんね。

 

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンにはそれぞれどんな特徴があるでしょうか?

 

まず、銀行のカードローンは、金利が消費者金融よりも低くて審査は消費者金融よりも厳しいという特徴があります。金利は、最高金利が14.5%程度です。消費者金融の最高金利は18.0%くらいですので、かなり低いですね。金利が低い分審査が厳しくなるのは仕方がないですね。

 

消費者金融金利は高めですが、消費者金融なら既に借入先が4、5件あっても審査に通る場合もあるように審査は緩めになっています。

 

また、銀行のカードローンは銀行法に基づいてお金を貸しているものですが、消費者金融は貸金業法に従ってお金を貸しています。
それで、消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1までしか借り入れができません。ただ、貸金業法に基づくおまとめローンや個人業主向けのローンは総量規制が適用されないので年収の3分の1以上のお金も借り入れることができます。
それから、専業主婦が消費者金融からお金を借りる場合は、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる書類が必要ですが、銀行のカードローンは本人確認書類だけで申し込みができます。

 

OK

消費者金融にも銀行のカードローンにもそれぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を比較した上で、ご自分になったローンを選んでくださいね。